劇と暮らしとは?

1/5

2017年初春、都心の空間を何かしら文化的なことに活用できないかと模索していた三井不動産ビルマネジメント株式会社と、演劇という文化がもっと世の中に役立つための仕組みを作れないかと模索して いたconSept LLCによって、演劇や演劇のメソッドを通して心と体を整えたり、暮らしを豊かにする ための様々なアプローチを考え、実践して行くことを目的として『劇と暮らし』プロジェクトはスター トしました。

「演劇を見たことはありますか?」と種々のビジネス交流会やセミナーなどで知り合った方々に質問を してみると、見事にほとんどの方から触れたことがないという答えが返ってきます。 中には「1、2度は」と言われる方もいますが、どんなシチュエーションで体験したのだろうと訪ねてみると、「よく覚えていないけど知人の知人が...」とか「行きつけの居酒屋でバイトしてる子が役者を目指してて」という場合が多いようです。もちろん芸能人の誰かのファンであることからご覧になる方もいらっしゃいます。

演劇は映画やコンサート同様、娯楽であったりアートであったりと、趣味として観るものの一つでもあ りますが、一方でローマの時代から、その時代と社会を再現し(もしくはシミュレートし)楽しむものと言われるほど、演劇には我々の生活に密接している要素が詰まっているのです。 ドイツやイギリスなどヨーロッパではその発展形として演劇の要素が地域活動や教育活動にも盛り込まれており、人の行動、心理、関係性などについて観察し掘り下げられている一つの学問でもあります。

そんな演劇の考え方や方法論の一部を活用して、特に社会人の方々に、自分自身の頭と心と体と向き合 っていただきながら、同時に上司や部下、同僚、家族、友人など様々な状況での人との関わり方につい て直感的に体感していただくことで、日々の暮らしのヒントや活力を得ることに少しでも貢献できれば という思いと同時に、普段演劇に触れる機会が少ない社会人の方々に「演劇」をほんのり感じて体感していただく機会になればという思いを込めて活動を続けています。

P005.jpg
 
P1030665.JPG

0期の

​トライアル

logo20190107_アートボード 1.png

「劇と暮らし」の新プロジェクト「ビルで働く演劇人」では、2019年1月4日〜2月28日にかけてそのタイトルが示す通り、ビルの中で働いて貰いながら演劇を学ぶということを試みました。

トライアル版として2ヶ月という短期間の実施でそたが、「働き」「学んだ」成果を2019年2月28日に日本橋ホールにてオープンワークショップ形式でお披露目する事で大団円を迎えたました。

0期のトライアルでは、

「働く場」と「演劇文化」の融合によるビル圏内の共創デザインを目指しました。

omote-02.png
廣岡悠那
press to zoom
門田奈菜
press to zoom
服部真由子
press to zoom
茶谷力輝
press to zoom
鈴江真菜
press to zoom
庄司大希
press to zoom
吉岡瞳
press to zoom
小松崎楓
press to zoom
田中佑果
press to zoom
1/1

​メンバー紹介

メンバーがお互いの紹介をしているので、​写真をクリックしてみてください!

廣岡悠那

門田奈菜

服部真由子

茶谷力輝

鈴江真菜

庄司大希

吉岡瞳

小松崎楓

田中佑果

講師紹介

板垣恭一

演出家・脚本家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て演出家に。演技講師、映像ディレクターとしても活動。日本劇団協議会『日本の劇』戯曲賞最終選考委員。ストレート・プレイからミュージカルまで、多くの作品に携わり、大劇場作品や若手公演の演出での手腕も高く評価される。近年の演出作に『カクタス・フラワー』、『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル2018』(訳詞)、『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』(訳詞)、『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』(訳詞)、『カラフル』(脚本・作詞)、『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』(構成)、『あさひなぐ』(脚本)、『フランケンシュタイン』(潤色)など。

シライケイタ

劇団温泉ドラゴン代表。 日本演出者協会常務理事。 日韓演劇交流センター理事。 桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。

桐朋学園芸術短期大学演劇科を卒業。大学在学中に、蜷川幸雄演出の「ロミオとジュリエット」パリス役でデビュー。その後、数々の舞台やテレビ、CM等で活躍。近年は、劇作家・演出家としても精力的に活動している。2013年、文化庁・一般社団法人日本演出者協会主催による、「若手演出家コンクール2013」にて、優秀賞と観客賞を受賞。2017年7月、第25回読売演劇大賞の中間選考会にて、2017年上半期演出家賞のベスト5に選出。第25回読売演劇大賞において杉村春子賞を受賞。2018年度より、セゾン文化財団シニアフェロー。

下司尚実

振付家・演出家・ダンサー。自由形ユニット“泥棒対策ライト”主宰。ダンスと演劇表現とを自由に行き来する作風は2016年MITAKA “Next”Selection、シアタートラム・ネクストジェネレーションに選出されるなど注目を集め、前川知大脚本・演出『ゲゲゲの先生へ』など数々の作品にステージングや振付で参加している。野田秀樹、小野寺修二、近藤良平、康本雅子など多彩な演出家、振付家のもとで出演、演出助手などの経験を重ね、近年では森山開次演出・振付『不思議の国のアリス』、舞台『あさひなぐ』(ステージング/大倉文乃役)、eastern youth『ソンゲントジユウ』MV主演、辻本知彦振付のもとMISIAのライブに出演するなど、その活動は多岐にわたる。

過去のイベント

スクリーンショット 2018-11-14 17.18.28.png
スクリーンショット 2018-11-14 17.18.39.png